【ドラゴンズ】2014シーズン前半・選手寸評

2014年07月19日 12:55

前半戦終了に合わせ、ドラゴンズの選手全員に一言ずつコメント(寸評)をつけてみました。 ※育成選手は除く

◆投手◆
11 川上 憲伸  まだ一軍戦力であることを証明。ファームに行ってから炎上が続いているのが心配。
12 田島 慎二  ルーキーイヤーと比較すると、やはり全体的に精度が落ちている。
13 岩瀬 仁紀  客観的に見るともうクローザーは厳しいと思うけど、打たれても責める気にはならない。
14 朝倉 健太  やや復活。投げてみないとわからない部分はある。
15 又吉 克樹  セットアッパーの一歩手前的ポジション。外角ギリギリで三振をよく奪っている。
16 雄太  いちおうローテに食い込み中。突如崩れる悪癖は解消したい。
18 鈴木 翔太  凱旋登板の舞台を与えられた。ポテンシャルは確かに凄そうだ。準規の轍は踏むなよ…。
19 吉見 一起  復活は反攻の狼煙になるか。球威のダウンは致し方なしか。
21 岡田 俊哉  先発の適性はあると思ったんだけどなぁ。
22 大野 雄大  二度のファーム落ちなど、評価が厳しくなるのは期待の表れ。
23 鈴木 義広  「右サイドハンド枠」を又吉に奪われ、いまだ登板機会無し。
24 福谷 浩司  明晰な頭脳に似つかわしくない、力でグイグイ押す投球に惚れた。
25 武藤 祐太  輪郭が変わるほど痩せていて驚いた。ルーキーコンビの活躍で出番が激減。
26 山内 壮馬  登板は一試合のみ。「勝ててたのは飛ばないボールのおかげ」の悪評を早く払拭したいが…。
28 岩田 慎司  もうちょっと上手く起用して欲しい投手。イマイチ信頼できないのも解るけど…。
29 山井 大介  安定感は随一。9番目の打者としての役割もきっちり果たしている。
30 阿知羅 拓馬  長身と珍名という情報しか…。
32 西川 健太郎  地元(石川)の試合でも一軍昇格は無し。期待度が下がってしまったか。
33 祖父江 大輔  力で捻じ伏せるほどの球威は無いが充分戦力になっている。体格はどう見ても内野手。
34 山本昌  現役であることに意義がある…じゃ困るんだけど。
35 辻 孟彦  「どうにも埋まらない先発の谷間」で一軍昇格のチャンスはあるか。
39 三瀬 幸司  そういえば今年まだ見ていない…。故障だっけか。
41 浅尾 拓也  速球の威力が半減し、ピンチはフォークの連投で凌ぐというスタイルになってしまっている。
43 濱田 達郎  ダイナミックなフォームから投げ込まれる、大して速くないストレートがいい。山本昌的な。
47 パヤノ  故障がちであまり戦力になっていない。
51 川崎 貴弘  動いているところをまだ見たことがないので…。
53 井上 公志  今年はまだ一軍登板なし。武藤と共に割を食っている印象。
57 小川 龍也  先発タイプだろうと思うので一軍では使いどころが難しい。
59 矢地 健人  又吉とタイプが被っているためか上からお呼びがかからない。
61 若松 駿太  若手有望株として春先は期待されていたが、球威不足を露呈してしまった。
64 小熊 凌祐  相変わらず一軍では炎上してしまう。そろそろ殻を破って欲しいところだが…。
65 伊藤 準規  1イニング3失点で即二軍落ち。判定辛めで不運な面もあったけど酷過ぎた。あと近視の疑い。
67 髙橋 聡文  左の中継ぎが不足しているので故障離脱は痛い。
69 小林 正人  敗戦処理で1イニング投げて大炎上。それ以来出番無し。
70 カブレラ  基本的に計算してはいけないピッチャーなんだと思う。打撃のヘナチョコさは一見の価値あり。

◆野手◆
00 エルナンデス  春先は「せサルより酷いの来た」と思っていたが…。守備は巧いっちゃ巧いが雑なんだよなぁ。
0 ルナ  打撃技術はさすがの一語。できれば3番で起用して欲しい。
1 堂上 直倫  ショートも無難にこなせる器用さが打撃にも生かされるといいのに…。
2 荒木 雅博  レギュラーの座を実力で確保。好調を維持していただけに故障がもったいなかった。
3 吉川 大幾  「若い右打者が少ないからスイッチ封印させた」ってのがちょっと意味わからない。
4 藤井 淳志  右打席は打ち上げてるイメージしかない。意図が解らない盗塁死とか、らしさ全開のプレーも嫌いじゃない。
5 和田 一浩  二千本安打が近づいてから急激に調子を上げてきた。やはり6番はリズムが合わなかったのか。
6 平田 良介  シーズン通して「偽の9番」ならぬ「偽の4番打者」を務めて欲しかった。右翼守備は抜群の巧さ。
7 森野 将彦  打順は5番がベストだと思う。サードへのこだわりはもう無いのかな?
8 大島 洋平  リードオフマンとして申し分のない活躍。
9 高橋 周平  期待の星だがそれに応えられていない。ショートで育てるのか結局サードなのかも中途半端。
27 谷繁 元信  打率の低さは致し方なしか。采配面はいまのところ無難といった印象。
31 野本 圭  春先の好調が続かなかったのが残念。
36 小笠原 道大  期待に違わぬ活躍。代打で出てきた時の期待感はかつての立浪をも凌ぐ。
37 岩﨑 恭平  二遊間ドングリーズの中では最もチャンスを与えられていたと思うが、打撃不調で生かせず。
38 松井 雅人  正捕手の座を狙うにはもう少しバッティングを伸ばしたい。一線級には歯が立たない感じ。(バリントンを除く)
40 桂 依央利  打撃はいいらしい。でもいきなりイップス気味になってたのが心配。
42 ゴメス  キャンプの頃は阪神のゴメスより評判良かったよね…。
45 杉山 翔大  捕手としての出場機会が減っている。そろそろ内野手転向?
46 藤澤 拓斗  プレーしているところをまだ見ていない。
48 溝脇 隼人  ファームでは一番打者として育成されているようだ。
49 武山 真吾  加入直後は正捕手獲りそうな勢いだったけど。控えとしては及第点。
50 中田 亮二  サードの練習中。ミートの巧さを一軍ではまだ発揮できず。
52 小田 幸平  本を出しちゃったのが首脳陣の心証を悪くしたんじゃないかなぁ…。
54 森越 祐人  新・守備職人として定着できそうでできず。打撃のしぶとさもアピールしたい。
55 福田 永将  追い込まれると脆いので、早いカウントでの直球を一発で仕留められないと難しい。
56 松井 佑介  ようやく一軍戦力になってきた。貪欲にレギュラーを狙う姿勢が頼もしい。
58 田中 大輔  使えるメドが立っていれば武山補強は無かったはず。売りの打撃に活路を見出したい。
60 井藤 真吾  昨年打撃開眼したっぽいけど、今季は足踏み状態。故障がち?
62 工藤 隆人  いわゆる「英智枠」に収まった苦労人。意外とヒットも出ている。
63 堂上 剛裕  課題はメンタルに尽きる。弟と揃ってなんとも歯がゆい。
66 古本 武尊  ファームの主軸が板についてきた印象。潜在能力はピカイチらしいのでこのまま成長を。
68 赤田 龍一郎  一軍での出番はまだ数えるほど。まずは打撃でアピールしたい。
70 谷 哲也  言われるほど守備は巧いと思わないが、打撃はドングリーズから一歩抜け出した印象。
73 赤坂 和幸  支配下選手登録おめでとうございます。ドラ1の底力を見せて欲しい。(投手としての指名だったけど)

若手が与えられたチャンスを生かせるよう、期待してます。
後半戦も頑張れドラゴンズ!

【ドラゴンズ】戦力外通告・・・

2012年10月04日 01:51

今シーズンの戦力外通告選手が発表されました。
最近のドラゴンズにしては早いという感覚です。
優勝を逃したことや、首脳陣が交代したことが関係してるのでしょうか?

■金剛弘樹投手(33歳)
昨年あたりから矢地や小熊に「ファームの守護神」の座すら奪われつつあったので、もうヤバいかなとは思っていましたが、とうとう見切られてしまいました。
キャンプの頃は、今年こそ一軍定着か?と少し期待したんですけど、浅尾と岩瀬が離脱、鈴木や平井も不調で降格という状況で一度もお呼びがかからないようでは、もはや居場所は無いということでしょう。
150km近い球速と落差のあるフォークは一軍でも通用しそうでしたが、捕手の意図と全然違うコースに抜けるタマが多く、それでも打者を圧倒できるほどの球威は無い…という印象。
一軍と二軍のレベルの違いをまざまざと見せつけてくれる投手でした。(悪い意味で)

■平井正史投手(37歳)
山田政権時代の復活劇はドラを救ってくれました。当時は先発も務めてましたよね。
晩年の「交代早々手痛い一発を食らう」イメージが上書きされてしまいましたが…。
自滅するタイプではないので、リリーフが手薄なチームならイニングイーターとしてまだまだやれると思います。

■小笠原孝投手(36歳)
地元千葉の出身ということで、我が家ではチェンや山本昌らを差し置いて常に「左のエース」扱いでした。
良かった頃は攻撃陣からの無援護ぶりがよく話題になりましたが、ここ数年は初回にいきなり失点を重ね、援護する前に瀕死になっているケースが何度か。
最後の登板は「自ら同点タイムリーを放った直後にあっさり勝ち越し点を献上」という、いかにも小笠原らしい自作自演でドラでのキャリアを終えました。

■斉藤信介投手(30歳)
育成枠から一年で支配下選手に復帰を遂げたものの、また一年で解雇されてしまいました。
横手投げの力投派リリーフは案外層が厚いため、残念ながら出番は回ってきませんでしたね。
唸り声をあげながらの気合満点の投球をもう一度見たかった気はします。

■マキシモ・ネルソン投手(30歳)
サトウキビをかじりながらドミニカ視察中の森繁和の前に現れ、自らを売り込んだというエピソードはあまりにも有名。
morishigeに懐いているを慕っている印象だったので、首脳陣が入れ替わった今年はダメかもなぁ、と薄々予感はありました。
モチベーションさえ取り戻せば他球団でも戦力になると思いますが、故障があったにせよ昨年からの劣化が著しかったため、一気にピークを過ぎてしまったのかもしれません。
中5日とかであれだけ回せばねぇ…。

■久本祐一投手(33歳)
前田智徳の二千本安打を打たれた投手、としてマニアの間ではお馴染み?
先発やりたいという希望をさりげなくアピールしていましたが、結局イニングイーター的な使われ方がほとんどでした。
若い頃は荒削りながらもキレのいい速球を投げ込んでいて、高橋聡文か石井裕也ぐらいのレベルに成長するんじゃないかと個人的には期待していただけに残念です。
どちらかというとネタキャラ扱いでファンの評価は高くなかったですが、故障さえなければもっとやれたんじゃないですかねぇ。

■高島祥平投手(22歳)
プロ初登板は1ニングで被安打3・四死球4・自責点5という大炎上デビュー。
そして一軍のマウンドで高島を見たのはあれが最後になりました…。
職場の野球マニアの間では「ああ、帝京の高島ね」とそれなりに有名なピッチャーでしたが、プロは厳しい世界ですね。

■加藤聡外野手(26歳) ※育成選手
外野手が手薄なファームではそれなりに出場機会があったものの、支配下登録されるかもという期待は特に感じさせないまま終わってしまいました。
当たればデカいという定評はありましたが、そういう選手は育成枠にいっぱいいますしね…。
監督がそもそも育成選手制度に否定的なコメントを発していたので、さらに厳しかったと思います。


なお英智選手については語りだすと止まらなくなりそうなので、ここでは触れません。
来年もチームに残ってくれますしね。

【ドラゴンズ】シーズン終了

2011年12月04日 18:13

契約更改もほぼ終了したようで、2011年のシーズンも終了となりました。
昨年書いていた選手一人一人の(勝手な)短評は、今年は書きません。
落合が「存在そのものが不愉快」というレベルに達し、ハナから中継を観ない日が結構あったので…。

退任発表後、多くの関連記事やファンのブログを読んで、いろいろ考えさせられました。
自分が好きな選手が干されたせいで、感情的になり過ぎていたかもしれない…と反省したりもしました。
でも前監督の采配や言動がもとで、ドラゴンズから興味を失っていったのは自分にとっての事実であり、素直に応援しなかった(できなかった)ことそのものが間違っていたとは思いません。

来季は一転して地元色・OB色が濃くなり、球団も「ファンと共に」という姿勢を全面に打ち出してきましたが、必要以上に媚びることなく、「普通に」チームを運営してもらえればと思います。
プロ野球はエンターテインメントであるという認識を持ち、ドラゴンズに関わるスタッフ全員が行動として実践してくれれば、それでいいです。

ギスギスした思いで野球を観るのはもう懲り懲りなので。

【ドラゴンズ】やけくそ俺オーダー

2011年11月17日 23:17

貧打極まる、追い詰められたドラゴンズ。
このままじゃダメだろってことで、自分なりにオーダーを考えてみました。

(中)大島
(三)森野
(遊)荒木
(一)ブランコ
(左)和田
(指)堂上剛
(右)小池 / 平田
(捕)谷繁
(二)岩崎達

左投手に強い大島をトップに置き、内野安打でもレフト前チョコンでも何でもいいのでとにかく出塁を狙わせる。
チャンスに回しても期待できない森野は二番に。とりあえず引っ張ることはできるので進塁打を。
調子の良い荒木を半ばヤケ気味に三番に据える。どうせ盗塁させないなら一番にこだわることもないでしょ?
一発のあるブランコと和田はさすがに下げられない。代わりがいないということでここは動かさず。
そして六番は、相手が左(和田、杉内)でもあえて堂上兄を抜擢。流れを変えられる何かを持っている気がする。調子がいい時の剛裕は手がつけられないが、今がその絶好調期間かもしれない…という根拠の無い期待から。なんとかして、お兄ちゃん!
七番の小池は、一、二打席を見てノー感じだったら平田に代える。ダメな日の小池はからっきしダメだから。
そして人材難のセカンドは守備力のある岩崎達郎を起用してみる。なんなら思い切って谷でも可。直倫は現状バッティングが全く期待できない。

うーん、風呂入りながらいろいろこね回してみたんですけど、選手層薄いわ、今のドラゴンズ。
井端を外すとしても、二番とセカンドのスタメンを任せられそうな選手が見当たらない。
それはどれだけノーヒットが続いても谷繁を代えられないキャッチャーも同じ。
実績のある選手に起用が偏り、レギュラーの後任を育ててこなかったツケを思い知りましたよ。

とにかく負けてもともとだと開き直るぐらいの姿勢で、残り2戦戦って欲しいです。

【ドラゴンズ】落合退任

2011年09月23日 00:26

現有戦力を10%底上げすれば優勝できると宣言し、実際その通りの結果を残した就任1年目は、掛け値なしに優れた監督だったと思います。
投手交代の際には必ず自らマウンドに行く、というこだわりに心酔もしました。
(時短の流れに逆らえず、最初の数年間だけでしたが)

しかし「勝つことが最大のファンサービス」というポリシーが、「結果さえ出ていればどんな振る舞いをしてもいい」といった方向へ徐々に傾いていった気がします。

すこぶる評判の悪いマスコミ対応についても、よほど腹に据えかねた経験がもとになっているのだろうとは思います。程度の低い質問をする記者がいることも事実ですし。
だからといって感情に任せ、ふてくされた中学生のようなコメントを吐けば、それを目にしたファンがどういう思いをするか?
記者たちの向こうにいるファンの存在を意識していなかったのか、意識しながらそういう言動を繰り返したのか。いずれにせよ、このあたりの人間性の未熟さがたまらなく嫌でした。

プロとして飯を食っていくことの厳しさを説き、野球に取り組む姿勢に物足りなさがある若手選手を容赦無くふるいにかける、そういった高いプロ意識を要求しておきながら、翻って自分自身の言動が社会人として適切なのかどうかを省みているとは思えないところに、違和感を覚え続けました。(比較にならないほどの報酬を得ているというのに)

派手さに欠ける守備重視のスタイルがファン離れに繋がっているといった論調を多く目にしますが、それ以前に、「監督がああいう人間じゃあ、いまいち応援する気にならねぇな」という微妙な感情の積み重ねが、いまの事態を招いたのではないか、自分はそう考えています。

【ドラゴンズ】西川、澤井のその後

2011年05月13日 23:26

2010年戦力外選手の追跡調査結果(球団別)

へー、NPBがこんな情報をリリースしてたんですね。
さすがに個人別の進路までは明らかにされてませんが、中日については一目瞭然。
残念ながら他球団に声をかけられなかった西川、澤井の両名は「一般会社就職・自営」の道へ進んだようです。

この不景気な時代、まずは無事に第二の職が得られたことは良かったなぁと思います。
といっても澤井は社会人を経てのプロ入りだったので、3つめの職業ということになりますが。

西川はルーキー時代、もしプロ野球選手になっていなかったら?というアンケートに「一般企業に就職」と非常に綺麗な字で書いていたぐらいなので、堅実に会社員やっているんだろうなぁと想像しています。

でも・・・野球選手の二人をもう少し見ていたかったです。

▼ 中日ドラゴンズ秋季練習 ノックを受ける西川・澤井



【ドラゴンズ】・・・。

2011年04月30日 02:10

小学生の頃から二十年余り、ドラゴンズのファンやってきましたが…。
落合が失せるまで、中継の生観戦はやめることにしました。
録画はして、応援している選手のプレーだけはチェックしようと思いますが。

負けが込んでいるから愛想を尽かした、というわけではないです。
勝つためにベストを尽くしていない(少なくとも自分にはそう思える)、そんな人間が指揮を執っているチームの試合を観るために、貴重な時間を割くことは無意味だな、と。

数年前から徐々に気持ちが離れつつありましたが、先日、「10連敗ぐらいは覚悟していた」という趣旨の発言を聞いて、もう完全に切れちゃいましたね・・・。
おそらくいつもの単なる強がりで、本音ではなかったにせよ、このコメントは許容しがたいです。
なにオマエ?負けるつもりでベンチ座ってたの?プロとして最低じゃないですかね。

この発言、チケット買って観戦したファンは怒らなかったんですかね?
球団は謝罪させたうえで購入者にチケット代を返還するぐらいの対応をしてもいいレベルじゃないか、と個人的には思ったんですが。

なんだかんだいってドラゴンズが常に生活の中心にあったので、寂しい思いも無くはないですが、最近ではわりと本気で敗戦を願うようになってきたので(負け続けて途中解任か休養に追い込んでやれという思考)、完全にチームを嫌いになってしまう前に距離を置こうという、苦渋の決断をしました。

というわけで、(いったん)さらばドラゴンズ。選手たちは頑張れ。応援してるから。(一部を除いて)

【ドラゴンズ】開幕ベンチ入りメンバー発表

2011年04月10日 20:05

開幕ベンチ入りメンバー28人が発表されましたね。

中日は投手13人、野手15人という編成。
えっ? 投手多くない? ふつう最初は野手多めに登録しない? ・・・というのが率直な印象。

しかも先発を6人登録って・・・?
山内や岩田を(開幕カードで)リリーフに使うつもりでしょうか・・・ちょっと素人には理解に苦しむ人選です。

野手の方は、ベンチメンバーの打力に不安を感じるラインナップ。
代打で使えそうなのが福田と、あと佐伯ぐらい?
でも佐伯はブランコの守備固めとしてもキープしておきたいし・・・。
あと、アライバが一応使える状態であれば、岩崎達と水田両方は要らないだろう、と。
ハッキリ言えば、水田の代わりに堂上剛を入れておくべきでは・・・。

ともあれ、個人的には福田にめっちゃ期待してます。
学習能力の無いブランコには早々に見切りをつけ、一日も早く一塁スタメンに抜擢して欲しい。
そのためには最初の代打起用でアピールすることが肝心。頑張れ福ちゃん!