【ドラゴンズ】やけくそ俺オーダー

2011年11月17日 23:17

貧打極まる、追い詰められたドラゴンズ。
このままじゃダメだろってことで、自分なりにオーダーを考えてみました。

(中)大島
(三)森野
(遊)荒木
(一)ブランコ
(左)和田
(指)堂上剛
(右)小池 / 平田
(捕)谷繁
(二)岩崎達

左投手に強い大島をトップに置き、内野安打でもレフト前チョコンでも何でもいいのでとにかく出塁を狙わせる。
チャンスに回しても期待できない森野は二番に。とりあえず引っ張ることはできるので進塁打を。
調子の良い荒木を半ばヤケ気味に三番に据える。どうせ盗塁させないなら一番にこだわることもないでしょ?
一発のあるブランコと和田はさすがに下げられない。代わりがいないということでここは動かさず。
そして六番は、相手が左(和田、杉内)でもあえて堂上兄を抜擢。流れを変えられる何かを持っている気がする。調子がいい時の剛裕は手がつけられないが、今がその絶好調期間かもしれない…という根拠の無い期待から。なんとかして、お兄ちゃん!
七番の小池は、一、二打席を見てノー感じだったら平田に代える。ダメな日の小池はからっきしダメだから。
そして人材難のセカンドは守備力のある岩崎達郎を起用してみる。なんなら思い切って谷でも可。直倫は現状バッティングが全く期待できない。

うーん、風呂入りながらいろいろこね回してみたんですけど、選手層薄いわ、今のドラゴンズ。
井端を外すとしても、二番とセカンドのスタメンを任せられそうな選手が見当たらない。
それはどれだけノーヒットが続いても谷繁を代えられないキャッチャーも同じ。
実績のある選手に起用が偏り、レギュラーの後任を育ててこなかったツケを思い知りましたよ。

とにかく負けてもともとだと開き直るぐらいの姿勢で、残り2戦戦って欲しいです。

【イベント関連】コミティア98終了

2011年11月01日 00:09

10月30日に開催されたCOMITIA98にサークル参加してまいりました。
会場でお会いした皆さま、そして当スペースに立ち寄ってくださった皆さま、ありがとうございました!

私のツイッターを逐一チェックしている(ごく僅かの)方は経緯をご存知かと思いますが、今回、当初は参加を見送るつもりだったところ、8月に出した個人誌『くろ★れき』をティアズマガジンで紹介して頂けるという通知があったため、急遽出展することになりました。

ところでこの事前通知、通常は郵送で届くんですが、今回はなんと中村代表からの生電話!正座でお話ししましたよ正座で。
おそらく日程が非常にタイトだったため、取り急ぎ電話で意思確認をされたのだと思われますが、もしかすると「読書会アンケートTOPでしたよ?こんな機会二度と無いから、出ないと勿体無いですよ?」という提案も兼ねて、代表自らご連絡をくださったのかも…と勝手に想像しています。
当然そんな状況で参加を渋るわけはなく、二つ返事で「出ます!」と即答しました。
ちなみにその時の留守番電話はいまだに消せません。もう一生の思い出です(笑)。

で、せっかくの機会。どうにか新刊を・・・と思ったのですが、9月~10月中旬は気力を仕事で9割方使い切ってしまうため、コピー誌すら用意できずという体たらく。
そんなわけで急ごしらえのペーパーと、紹介された既刊のみを携え、ビッグサイトへ。

今回は初めて「少年まんが」ジャンルで出展してみました。
P&R掲載時はそこにカテゴライズされると予想したためです。(実際のティアマガでは「ギャグ」でしたけど)
いつも申し込んでいる「その他」ジャンルは周囲のサークルさんがカオスな感じなんですが、「少年まんが」の島はマンガを描きました!という明快な雰囲気に満ちていて、新鮮な感覚でした。新鮮で、刺激的だったんですけど、あ、ウチは「少年まんが」ではないな、という微妙なアウェー感も。
少年誌特有のワクワク感とか、冒険的要素?などが薄~い作風ですしね。
かといって「ギャグ」に特化してるわけでもなく、「青年まんが」ってほど重厚なテーマもなく・・・となると次回のエントリーはやっぱり「その他」かなぁ、と。申込ジャンルにはいつも悩みます。

でも、いつもと違う配置と、ティアマガ掲載効果で、新規の読者さんがかなり来てくださった実感はあります。
久しぶりに女性の方も数名来られました。これは個人的に凄く嬉しいことなのです。
最終的に持ち込んだ既刊は8割ほど売れ、150枚刷ったペーパーも残りは10枚ちょいでした。
ありがとうございました!

あ、課題となっていた「ディスプレイによるアピール強化」は次回へ持ち越しです。時間と発想が無かった。(要するに忘れてた)

2月のコミティアは明確に参加意思ありです。今回新刊落とした分、気合を入れて挽回します。
まだ企画段階ですが、合同参加、野球ネタの合同本なども検討中です。
勿論いつものテンパリ系女子中学生マンガも出すであろうと思われます(笑)。

並行して、今度こそ、今度こそウェブ漫画の立て直しにも着手します。着手したいです!(なんでトーンダウンしてんだ)