【雑記】名古屋に行ってきたでよ

2013年08月27日 01:38

中日ファンでありながら一度もナゴヤドームに行ったことがなかったのですが、ちょうど一軍と二軍両方の試合が観られるタイミングに休暇が取れたので、一泊名古屋旅行してきました。

東京からのぞみで二時間弱。
名古屋駅に着いて早速向かったのは、「ぴよりん」でおなじみの「カフェ ジャンシアーヌ」。

piyorin.jpg

「ぴよりん」は、プリンをババロアとスポンジでくるんだお菓子です。
スポンジの質感がヒヨコそっくりで、スプーンを入れるのが躊躇われます。
妻は躊躇なく脳天からドスッといっていましたが、自分は背中側からちょっとずついただきました。
いい歳をした大人たちがこぞってぴよりんを注文し、各テーブルに続々とヒヨコたちが運ばれていく様子は、そこはかとなく笑いを誘います。

ホテルでチェックインを済ませ、一息ついてからナイトゲームが開催されるナゴヤドームへ。
行く途中の電車に乗り込んできた女子中学生の制服が可愛かったです。
nagoya.jpg
「ナゴヤドーム前矢田」駅に着いたら、まずイオン内にあるスガキヤに寄ろうと思っていたのですが、それほど空腹ではなかったのでパスしてグッズショップへ。
今思えばこれがちょっともったいなかった…。

当たり前ですが、グッズショップはドラゴンズ関連商品が関東地区ではありえないほど充実。
この日先発でもあった大野のユニホームシャツ(ホーム仕様)と、福田の携帯電話クリーナー、シャオロンのパペットを購入しました。
欲を言えば、無名選手のグッズがもっと揃っていればなぁ、と。
松井佑介や武藤ら単体のグッズが無かったのは残念。

球場内に入ってみると…あれっ!?ドラゴンズの選手、赤いの着てるじゃん!?

moedora.jpg

なんとこの日は燃竜ユニの日だったんですね。
入場するまで全く気づきませんでしたよ。
スタジアム内に目立った告知は無く、スタンドも赤く染まっているとは言い難く、この球団ってこういう販促活動イマイチ弱いよなぁ…(苦笑)。

球場内の第一印象は、「薄暗い」(笑)。
外野側の照明が、あんまり点いてないんですよ。
おそらく明る過ぎるとフライが見えにくいからだと思うのですが、東京ドームはこんなに暗くなかった気がします。

でも、スタメン発表やチャンス時など、随所での電光掲示板での演出に、本拠地に来たことを実感しましたね。
普段の観戦は神宮かハマスタがほとんどで、自軍がピンチになると球場が盛り上がる、という感覚が身体に染み付いているだけに、若干戸惑い気味に…。

でもって、試合が始まって間もなく、こんな光景が。(クリックで拡大)
oyako.png
ええと、結果は惨敗です。
せっかくこちらが有利になる誤審が飛び出したのに、生かすことができませんでした。
試合以上に痛かったのは、誤審に対する抗議が16分間にも及んだことで、試合終了が22時近くになってしまったこと。
イオン内のスガキヤはおろか、名古屋駅ビル内の飲食店は軒並み閉店してしまい、名古屋飯を堪能する計画が水の泡となってしまいました。
何が悲しくて名古屋まで来てコンビニ飯を…。

翌日はこの旅の主目的(笑)、旧本拠地ナゴヤ球場にて二軍の試合の観戦です。
名古屋駅から何の疑いもなく岐阜行き(逆方向)に乗ってしまい、だいぶ時間をロスしましたが、試合開始30分前には無事に辿り着きました。

nagokyu.jpg

かつて中学・高校生の時に二回ほど来たのですが、外野スタンドはキレイに無くなり、だいぶコンパクトな建物になっています。

nagokyu2.jpg

こちらの試合は前日の一軍戦と打って変わって大勝。
古本だけが元気なかったものの、先発野手は概ね好調。
若い攻撃陣が積み重ねたリードを、山本昌、雄太、鈴木、清水らベテラン陣の継投で守り切る展開でした。

ファームの試合は選手たちの声までハッキリ聞こえる距離感がいいですね!
吉川がことあるごとに頭を引っ叩かれるなど、イジられキャラだということもわかりました。
大きな声で一人一人に声援を飛ばすディープなファンや、お気に入りの選手が打席に入るとどこからともなく現れ「あかだせんしゅがんばってー!!」とひらがなで声援を飛ばす小学生二人組、「なおみち、うてー!」だけを繰り返す、どこかにスイッチが付いてるんじゃないかと思わせる幼児など、観に来ている人々も個性的でした。
近くに住んでいたら通っちゃうなぁ、これ。

最後に名古屋コーチンをいただき、ギリギリで名古屋飯をひとつクリア。
そんなこんなで野球バカが往く一泊二日の名古屋の旅は終わりました。
駆け足でしたが満足度の高い、楽しい二日間でした。一軍が負けるのは織り込み済みでしたしね!(笑)

ただ、方言萌えとしては、名古屋弁を喋る若い子たちに遭遇しなかったのは残念でした。
オシャレなのに語尾が「だわー」な女子高生や、友達と別れるときに「また会おまい!」とか言ってる女子中学生などに会いたかったがねー。

とまぁ、そんなかんじで。

【イベント関連】コミティア105終了

2013年08月19日 01:21

8月18に東京ビッグサイトで開催されたCOMITIA105にサークル参加しました。
行き帰りの移動中はさすがに暑さが堪えたものの、館内は結構空調が効いていて、まずまず快適だったかと。
スペースに足を運んでくださった皆様、個人誌をお買い上げくださった皆様、ありがとうございました!

テーブルに設置したスペース案内はこんな(↓)でした。
comitia105_board.jpg
「009じゃないから!」と直接突っ込んでくれた方、ありがとうございます(笑)。

新刊・既刊ともに順調に販売できましたが、既刊「NEMA TALK」に後日談マンガ付きのペーパーを添えるのをすっかり忘れておりました…。

というわけで、こちら(↓)にアップします。
「NEMA TALK」を買ってくださった方は、コレで補完してくださいませ。(クリックで拡大します)
※ついでにpixivにもアップしておきます。 >>こちら
nematalk_omake.png

スケブは毎回1件ずつ依頼されるのですが、「今回の新刊の子」というリクエストを受けたのは初めてでした。
またスケブとは別に、本の表3(裏表紙の裏)に既刊(くろれき)のキャラを描いたのですが、顔の描き方が全く同じであることに気付き、いかに描き分けができていないかを痛感した次第です。

ひそかに作品を楽しみにしていたお隣のサークルさんと、(自分にしては珍しく)会話が弾みました。
「追い込まれないとやる気出ませんよねー」みたいな残念トークと、「女の子の二つ結びって可愛いですよね!」という変態トークがかなりの割合を占めましたけど(笑)。
別に研究とかはしてませんけどね、と言いながら「結び目の位置にはこだわります」とか「前に垂らすか後ろに垂らすかでもだいぶ印象変わりますよね」とか熱く語ってしまった自分が恥ずかしい。忘れてください(笑)。

次回の秋のコミティアは、サークル参加するかどうか現段階では未定です。
開催日(10月20日)まで間隔が短いのと、久しぶりに一般参加してみようかなという考えもあるので。

最後に、COMITIA104で「NEMA TALK」にP&R投稿してくださったオオイケ様とよしかた様、どうもありがとうございました!
どちらも非常に嬉しい(恥ずかしいw)コメント付きで、とても励みになりました~。