【個人誌】 Paella

2014年02月09日 20:03

2004年8月のCOMITIA69にて販売した個人誌「Paella」を、pixivにアップしました。


4作目の個人誌となったこの「Paella」(パエージャと読みます。ややこしい。)は、兄妹4コマ「ぱえりあ」の番外編の中でもちょっと重めのストーリーになっています。
そのためか、読んでくださった方の評価は真っ二つに分かれました。

ここで登場したクラスメイト・三原姉妹と塚越の3人は、橿原兄妹を見守ったりちょっかい出したりする個性的な脇役として、その後の作品でも地味に活躍します。
塚越嬢にいたってはスピンオフ作品のヒロイン役にまで出世しました。
「動かして楽しい」という点では橿原兄妹を上回る、個人的に思い入れのあるキャラクターたちです。

しかし見返してみると、キャラクターの頭身ちっちゃいですねぇ…。
比較的シリアスなノリで描いたことは覚えていたので、記憶の中のイメージとかなりギャップがありました。

ちなみにこの本を出したときのコミティアでは、ティアズマガジンのP&R初掲載および初のお誕生日席配置により、パニックになるほど多くの方にスペースへ来て頂き、嬉しい悲鳴を上げたことが強烈に印象に残っています。

【お知らせ】個人誌の委託販売、始まりました

2014年02月08日 17:09

とらのあな 様にて、先日のCOMITIA107で販売した新刊「phone tree 2」の取扱いが始まりました。

 ≪通販のページはこちら

 会場に行けなかったけど読んでみたい…という方は、よろしくお願いします。


◆また、在庫切れになっていた以下の既刊も若干数補充しましたので、買い逃していた…という方がいらっしゃいましたら、この機会にお求め頂けると幸いです。

 ・「phone tree」 →通販のページへ

 ・「セイギノミカタと父と娘」 →通販のページへ

 ・「NEMA TALK(ねま・とーく)」 →通販のページへ

よろしくお願いします。

【イベント関連】コミティア107終了

2014年02月03日 17:30

2月2日に東京ビッグサイトで開催されたCOMITIA107にサークル参加しました。
スペースに足を運んでくださった皆様、個人誌をお買い上げくださった皆様、ありがとうございました!

販売する本が新刊・既刊合わせて7種類とかなり多くなってきたため、ただベロッと机に並べるのは無理がある…。
ということで、同人活動11年目にして初の立体的?ディスプレイに挑戦しました。

20140202.jpg
※お隣さん(ベイスタ多村ユニ)が写り込んでいるのは気にしない方向で(笑)

本立てや、ペーパーを置く台などはすべて100円ショップで揃えました。
どうですか。いまだ初心者気分の抜け切らない当サークルですが、だいぶ同人サークルらしくなってきたじゃないですか!
同人サークルたるもの、スペースNo.表示(写真右上のスケブ)に目を引くようなイラストでも描くべきなんでしょうが、絵心やセンスが無いんで勘弁してください。
POPスタンドやポスターは今後の課題ですかねぇ…。

新刊「phone tree 2」は多くの人にお買い上げ頂きました。ありがとうございます!
少しでも楽しんで頂けたら、ネームで悶え苦しんでいたあの年末年始が報われます。

めっちゃ余ったらどうしよう…とドキドキしながら増刷した「phone tree」も、この日だけで半分無くなり、胸を撫で下ろしています。
スペース前を通り掛かった方が「phone tree」2種に目を遣ったところで歩みを緩めるケースが多かったので、やはりカラー表紙は常連さん以外へのアピール効果が高いようですね。
予算との兼ね合いですが、これからも表紙はカラーでいこうかな、と思います。

余談ですが、先日、コミティアで購入した同人誌を紹介している動画をたまたま見かけまして、そこで自分の「NEMA TALK」が取り上げられていて非常にびっくりしました。(ありがとうございます!)
動画の中で、「一昔前の少女漫画っぽさがある」「絵柄やギャグのノリも基本的には少女漫画」などとコメントされており、なるほど客観的にはそうなのか、と思うとともに、「一見少女漫画っぽくても、視点は完全に男性視点」と知り合いに鋭く指摘されたことも思い出しました。
そのあたりが、なかなか女性の読者さんが増えない原因かなぁ、などと勝手に分析しています(笑)。

とはいえ、すでに充分すぎるほど多くの人に作品を読んで頂けているので、無理に手を拡げたり作風を変えたりはせず、いま気に入って読んでくださっている読者の方を楽しませられるような漫画を、引き続き描いていきたいと考えています。

すみません、イベント終了後に中村代表の受賞企画展示を見たせいというわけではないですが、自分自身の今までとこれからを唐突に語り始めてしまいました。(鬱陶しいな!)

次回、5月のコミティアについて。
平日ですが、どうにか休暇は取れそうなので、出展する方向で検討中です。
ただし仕事が一年で最も忙しい時期に突入するため、新刊は、出せても薄い中綴じ本かなぁ…と。
気合が入ったものは出せそうにないので、開き直って「実験的な試み」にトライするかもしれません。
グレスケで描いてみるとか、本文二色刷りとか…。
予備知識なんにもないんですけどね(笑)

なお、今回の新刊は、いつも通り「とらのあな」さんにて委託販売予定です。
詳細が決まり次第、お知らせいたします。

ではでは、またよろしくお願いします。