FC2ブログ

【雑記】4年ぶりの個人誌(創作同人誌)

2020年08月23日 12:58

先日、半年ほどかけて少しずつ描き進めていた漫画の入稿を済ませました。

コミティア再開の目途が立たない今の状況で、紙の本(同人誌)を作る必要はあるの?という疑問も持つ方がいるかもしれませんが、近々PCの買い替えを予定しており、移行後にコミスタがうまく動かないかもしれないというリスクを考慮して、区切りのいいところまで描いたらいったん本にしよう、と判断しました。
ほんのわずかとはいえ、コロナの影響で売上が減っているであろう印刷会社さんの支援にもなりますしね。

というわけで、いつ発行できるかは未定ですが、4年ぶりに描いた個人誌はこんな感じです。

セイギ2表紙
表紙は久々のカラー。「1」とナンバリングされているのは、前述のとおり「区切りのいいところ」で本にしたためです。
おそらく「2」か「3」ぐらいまで続くシリーズになりそうです。

みほん1
7年前(2013年)に出した『セイギノミカタと父と娘』の第2弾的なものになります。
キャラは別なので続編ではないですが、バカバカしさや、ヒロインの簡素な衣装などはほぼ一緒です。

みほん2
いちおう、プ○キュアちっくな「戦うヒロインもの」ですが、“そのへんにいそうな中学生感”はマシマシです。

みほん3
やる気という面でもいまひとつな印象です。

みほん4
ところが同い年ぐらいの少年との出会いをきっかけに、物語がちょっと妙な方向へ……

という感じの思春期ガールミーツボーイなお話、3章立て36ページです。

余談ですが、試読してもらった妻の感想は「ヒロインの衣装おなか出しすぎ」でした。

みほん5
すみません。

『ちんまり経理のヒメ先輩』のような真面目(?)なノリではないですが、4コマ形式なので気軽に読めるかと思います。
イベントや通販などで発行できる時が来ましたら、どうぞよろしくお願いします。

【雑記】印刷会社さんとのやりとり(原稿サイズとインク差し替え)

2020年08月22日 22:39

昨日、4年ぶりに同人誌の入稿をしました。
その際の印刷会社さんとのやりとりを、自分用の備忘録を兼ねて書いておきます。

■1つめは、原稿データのサイズ(大きさ)について。

コミスタで表紙データを「書き出し」する際に、「出力範囲」を「ページ全体」にした状態で入稿してしまいました。
同人誌の場合は「トンボの断ち落としまで」が推奨されているようなので、念のため印刷会社に確認したところ、「データの中心部分からサイズに合わせてトリミングするので、大丈夫です」とのこと。ありがとうございます。

■2つめは、カラー表紙のインクについて。

自分が利用している印刷会社さんでは、無料オプションとして「広域色インクBroad」への差し替えができます。
メリットは「(モニタで見えている色に近い)鮮やかな発色」らしいのですが、自分はそこまで色へのこだわりがないので、通常のインクのままで申し込んでいました。
※余談ですが、ハイライトでツヤツヤの肌色バーン!みたいな男性向け同人誌用のインクかと思い込んでいました…(笑)

が、印刷会社さんに「データがRGBで作成されているので、広域色インクのほうがイメージに近い色が出せると思います」と勧められ、デメリットも特に無さそうだったため、その場で広域色インクへの変更を依頼しました。

そもそもの話、CMYKでカラー原稿を作成する方法を知らないので、今後もカラーで入稿する場合は最初から広域色インクを選ぼうと思います。

自分のような「よくわかってない永遠の素人」にも優しくフォローしてくださる印刷会社さんには、毎回頭が下がります。
コロナ禍で大変な状況かと思いますが、なんとか頑張ってほしいものです。

【雑記】近況報告

2020年08月21日 18:00

お久しぶりです。元日以来の更新です。

出展予定だった5月と9月のコミティアがコロナの影響で中止となってしまったので、特に書くことも無かったんですよね…。

商業コミックス『ちんまり経理のヒメ先輩』の電子版セールはちらほらとありましたが、告知はツイッターのみで充分ですし。

ちなみに商業誌のお仕事については、よさそうな題材が浮かんだらネームを担当さんに見てもらうことになっている状況です。
とはいえ、仮にゲスト掲載のチャンスを得られるとしても、6ページ×3回分(4コマにして36本分)のネタのストックが最低限必要になるわけで、ハードルは低くないですからね…。まぁ焦る立場ではないので、そちら方面はゆっくりと取り組んでいければと思っています。