FC2ブログ

【雑記】決算業務

2009年10月10日 00:00

とりあえず、最大のヤマであった中間期の申告書作成がほぼ終了。
吸収合併した子会社も含め2社分の決算を見ていたので、いつもの5割増しぐらいしんどかった…。
まぁ、ある程度数値を固めるところまでは他のスタッフがやってくれましたけど。

顧問税理士を変えて初めての監査を受けたのですが、結果としては非常にやりやすかったです。
まず、グループ会社全てを見ている会計事務所なので話が通じやすい。前の税理士は「親会社の税理士がこの処理でいいって言ってるんです」では納得してくれず、余計な苦労を強いられましたし。

あと非常に助かったのが、同じ会計ソフトがインストールされたノートPCを持参していて、試算表や元帳データなどが全てデータでのやり取りで済んだこと。
従来は勘定元帳全て紙で打ち出して渡してましたからね…。半期で約4,000~5,000枚ですよ。紙代はもちろん印刷する時間もバカになりません。
それでいて租税公課や交際費、利息関係ぐらいしかチェックしていない様子だったから「使う科目だけ印刷するのではダメですか?」と何度か言ったんですが、一応全部出しておいて下さい、の一点張りだったからなぁ。
それが今度の先生はUSBメモリの受け渡しだけで完了。これは超ラクですよ。電子化万歳。

しかし今回の監査、質問とミスの指摘はほとんど子会社側についてでした。
自分では判らない処理の内容については前任の経理課長を呼び出したのですが、「忘れた」とか「前の税理士に言われるままやったので」とか…しっかりして下さいよ、もう。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)