FC2ブログ

【雑記】終わった

2009年10月17日 00:00

決算業務ひとまず終了ー。あ~今回も長かった。
これで創作(っぽい)活動を再開できるかと思います。わーひ。

が。人が解放感に浸っている真後ろで、部署の長がなんかまたブツブツ言ってるんですよ。

というのも、今回の中間業績、先行リリースした概算数値と決算処理後の確定数値が大きく下振れし、その最大の要因が低価法による棚卸資産の評価損だったためです。
それが見込みを遥かに上回るインパクトだったので、いまだに「経理の計算が間違ってるんじゃないか」という疑惑を一部の幹部が抱いており、その空気を感じた部署長が不安そうに隣の経理次長(私の直属上司)にいろいろ訊いてるわけです。その様子が非常に気分を苛立たせます。
「これで本当に計算ミスだったらどうすんだよ?」
「ますます信用されなくなっちまうじゃねぇかよ?」などとネチネチ話し掛けてるんです。
どこからかガサガサ取り出したせんべいをバリバリかじりながら。
言いたいことがあるなら(実際に計算した)俺に直接言えよ、と。
そんなに不安なら自分で少しは検証作業してみろよ、と言ってやりたかったですね。
あと、音立てるモノ食いながら仕事してんじゃねーよと。

もちろん疑惑の目が向けられていることは自分も感じ取っています。
前期末の決算で実際に計算ミスを犯しているので、無理からぬことと承知してもいます。
でもね、業績がこんなに悪くなったのはお前のせいだ、という目で見るのはやめてほしい。
なかには「利益がこんなに減っちゃって、どう責任とるんだよ?」とか「冬のボーナス出なかったらどうしてくれんだゴルァ」という態度を露骨に示す人もいますからね。
知らんがな、うちらは計算してるだけですがな。

また、資産(在庫)一品一品を精査してみればここまでの評価損は出ないはずだから、もっとよく調べてよ、とか。
そう考えるのも解らないではないですが、棚卸資産の計算だけやってればいいわけじゃないんですよ、決算の仕事って。そこを理解して欲しいなぁ。
一人で税理士+会計士の対応しなきゃならないし、会社は合併などでどんどん大きくなるし、でも実務スタッフは減らされるし、おまけに業績確定の期日はどんどん早まっていくし…。
そんな状況にもめげず、なんとか期日通り決算を仕上げたことをもうちょっと評価して欲しいなぁ…と思ったりなんかしちゃってますが、出した数値(業績)が悪いとこのように怒りの矛先を向けられる今の状況。
経理って報われない仕事だなぁ…と、つくづく思います。(だが、それがいい)←?



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)