FC2ブログ

【競馬】菊花賞回顧

2009年10月25日 16:56

残り50mぐらいまでは「そのままー!」と力が入りましたが、あと僅かというところでリーチが力尽き、的中ならず。
でもヤマニンウイスカーも見せ場は作りましたし、まずまず期待通りのレースだったと思います。

それにしても、まさか人気薄でもワンツーを決めてしまうとは・・・ダンスの長距離戦での底力は想像以上ですね。
リーチザクラウンは母父Seattle Slewの一本調子さがラスト1ハロンに出てしまったなぁという印象ですが、体型に表れている通り潜在的なスタミナは相当にありそうな気がします。来年の春天でまた期待したいですね。(また寸前で何かに差されそうですが)

アントニオバローズはあの下がり方を見ると、ノドの影響でしょうね。あんな馬ではないはず。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)