FC2ブログ

【おしらせ】商業誌掲載について(10月)

2017年10月28日 22:12

10月21日に発売された「まんがタイムスペシャル」12月号に、 『ちんまり経理のヒメ先輩』 の16話めが掲載されています。

image_2017102820165681c.png

ご覧のとおり、いわゆる「浴衣回」です。
雑誌の目次コメントにも書きましたが、商業誌で浴衣回を描く日が来ようとは…。
そもそもここまで商業連載を続けられていること自体、夢のような話なのですが。
(アンケートでご支援くださっている皆様、本当にありがとうございます…!)

ちなみに浴衣回といっても、花火大会や縁日に行ったり、そこで気になる男子に「似合ってるね」とかなんとか言われて照れるとか、そういう定番の甘酸っぱい展開はありませんのでご容赦ください。

浴衣を描くのは人生初だったので、浴衣シーンのある手持ちのコミックスや、画像検索による写真などを頼りに作画しました。
また、和装には一家言を持つ妻のアドバイスも参考にしました。
「“おはしょり”って何?」、「この背中の帯はなんでこんな形になってんの?」という知識ゼロの状態でしたが、初めてにしてはまあまあそれっぽく、可愛く描けたのではないかな…と思います。(自分に甘い)

とはいえ、反省点。
浴衣って、基本的に襟元をあまり開けないのがキレイな着こなしらしいですね。
個人的には鎖骨が少し見えるぐらいがちょうどよいのかと思って描いていたのですが、ペン入れがある程度終わったところで「まさか鎖骨見えちゃったりしてないよね?」と言われてエッ、と青ざめました。

image2.png
微妙に描き直したコマもあります。確かにちょっと開きすぎかも…。

まぁ今回は大人も着られるサイズのものを着ている設定ですし、いろいろ動き回っているうちにちょっとずつはだけてしまった…ということにして頂ければ幸いです。

しかしあらためて、浴衣っていいものですねぇ…。
露出度は控えめなぶん、しとやかな色っぽさが際立つというか…。そりゃ男子諸君もドキッとしますわな!

余談ですが、あの店長さんのキャラは結構お気に入り。
脳内では若林直美さんの声で再生されています。

次号は、長かった夏シリーズの掉尾を飾る(?)、水着回です。
よろしければ引き続きご支援のほど、どうぞよろしくお願いします。


コメント

  1. 隣の学生 | URL | MHoneS0s

    People forget how fast you did a job ― but remember how well you did it.


    スペシャル12月号掲載 『ちんまり経理のヒメ先輩』 読みました。
    ヒメちゃんは今日看板娘でありんすよ店長サン!

    てなことで個人的に心待ちの ヒメちゃん浴衣回 であります!
    うぉぉ俺にも写真撮らせろぉぉ――肖像権ナニソレ美味しいの?w

    今話は「経理のヒメ先輩」色が明快に表れた印象です。こういう展開は好ましく。
    同じ10,000円の売上でも、その内訳が100人に100円で売ったのか、10人に1,000円で売ったのかで解釈は異なりますからねえ。
    おっと、この分野は釈迦に説法でしたか(笑)

    p81,そういえば機械音痴でしたねヒメちゃん。もとい、デジタルネイティブ・ヒメ先輩。
    ヒ:「レシートは?」 若:「溜めずに精算!」 ←この合言葉がイイ

    お気に入りは10・11本目です。来てたのか田中先生そして石田くん。ヒメちゃんは先生相手に怯えすぎw
    コンペイトーはポルトガル発祥なんですねえ。Confeito=砂糖菓子の意、ってそのまんまか。尤も、今は殆ど生産されていないようですが。
    若林くんの意外なトーク力は意外? 意外…うん。意外かもw そんな彼も田中先生との折衝はできる限り避けたいのではありますまいか。
    最大の殊勲者には異議なーし。いやヒメちゃんのことですよ勿論(笑)

     ▽

     “物理学では、すべての方向が均等な可能性をもっていると考えられる場合には、対称の考えからすべての方面に同一の数量を付与するを常とする。現在の場合に金米糖が生長する際、特にどの方向に多く生長しなければならぬという理由が考えられない、それゆえに金米糖は完全な球状に生長すべきであると結論したとする。しかるに金米糖のほうでは、そういう論理などには頓着なく、にょきにょきと角を出して生長するのである。
      これはもちろん論理の誤謬ではない。誤った仮定から出発したために当然に生まれた誤った結論である。このパラドックスを解く鍵はどこにあるかというと、これは畢竟、統計的平均についてはじめて言われうるすべての方向の均等性という事を、具体的に個体にそのまま適用した事が第一の誤りであり、次には平均からの離背が一度でき始めるとそれがますます助長されるいわゆる不安定の場合のある事を忘れたのが第二の誤りである。”

     “金米糖の物理から出発したのが、だんだんに空想の梯子をよじ登って、とうとう千古の秘密のなぞである生命の起原にまでも立ち入る事になったのはわれながら少しく脱線であると思う。近年の記録を破ったことしの夏の暑さに酔わされた痴人の酔中語のようなものであると見てもらうほうが適当かもしれない。
      それにしてもこのおもしろい金米糖が千島アイヌかなんぞのように滅びて行くのは惜しい。天然物保存に骨を折る人たちは、ついでにこういうものの保存も考えてもらいたいものである。” 

     (寺田寅彦 『備忘録』 青空文庫より抜粋)

     ▽

    > 脳内では若林直美さんの声で
     ハガレンのシェスカ役ですね。確か。(それくらいしか知らない)
     そういえばウィンリィ役の豊口さんと一緒に歌ってなかったっけ…?

    次回も楽しみです!

  2. kera | URL | -

    >>隣の学生さん

    いつもコメントありがとうございます(^^

    浴衣回、楽しんで頂けたようで何よりです。
    ああやってパシャパシャ写真を撮れるのは、女性の特権でしょうね。男がやると妙な誤解が…。

    経理ネタを前面に出す回とそうでない回がありますが、やっぱり前者のほうが読者さんの反応が良い気がしますね。

    同世代より大人とのコミュニケーションが得意なはずのあの子があの反応ですから、先生みたいな人種がよほど苦手なのでしょう(笑)

    若林直美さんについては「アイドルマスター」をイメージしていました。ちょうどルックスが似ているキャラクターがいまして。
    逆にハガレンのそのキャラを知らず…(案外アニメを観ないもので…)

    次回もお読み頂けると幸いです。よろしくお願いします。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)