FC2ブログ

【おしらせ】商業誌掲載について(12月)

2017年12月27日 18:35

12月22日に発売された「まんがタイムスペシャル」2月号に、 『ちんまり経理のヒメ先輩』 の18話めが掲載されています。

image1_20171227154417076.png

ローカルテレビ局の取材を受けることになったタテグイチヤナギ。
立ち会うだけのはずだった一人娘のヒメも、案の定撮影に駆り出され…というお話です。

どうぞよろしくお願い致します。

以下、制作裏話など。ご興味のある方はどうぞ…。

今回は、タテグイチヤナギという会社を知らない人達の目に、ヒメという少女がどう映るか?というのをテーマに描いてみました。
そのため、あえてテレビスタッフ側の視点で描いた部分が多いので、番外編っぽく感じられた読者さんもいるかもしれません。

以前から温めていたネタで、プロット案にもすんなりOKが出たのですが、担当さんに指摘されたのが…
≪中学生のヒメが“労働”していることを、テレビ局側が問題視するのではないか?≫
という点。

新聞配達をする中学生などは昔からよく描かれていたましたが、法的にグレーな部分が多いのもまた事実。
なので、「経理として働くヒメ」をクローズアップするのではなく、「なんだかよくわからないまま撮影に引っ張り出されるヒメ」という展開に軌道修正しました。

その観点からすると、前々号の浴衣回もかなり際どいラインになってしまうのですが、あまり厳密に考え過ぎてしまうとマンガとしての意外性が薄れてしまうため、悩ましいところです。(「大人社会の中で子供が頑張る姿」も、このマンガで描きたいものの一つなので)
まぁ、どこまでが「マンガだから…」で許されるポイントなのかを見極めるのは難しく、ここは編集者さんの“プロの判断”に委ねるしかありません。


とまぁ、固い話(?)はこれぐらいにして…。

ディレクターの性格やファッションは、昭和のイメージ丸出しですね。
いまどきこんなスタイルのテレビマンはいないでしょうけど、この古臭いセンスも作風のうちだと開き直って描きました。

6ページ1コマめなどの「番組内のテロップ」を良い感じに入れてくれた編集部さんに感謝。

季節が替わり、ヒメの制服も冬服にチェンジしました。
紺色セーラーのダボッとした感じは中学生特有の芋っぽさが際立ちますね(笑)。

しかしローカル局の番組の1コーナーとはいえ、こんな風に編集されてしまったら、ヒメは学校でちょっとした注目の的になりそう…。
ページ数の都合でカットしましたが、クラスメイトが騒ぎ立てるシーンも描きたかったところです。

最後に、下描きのカットを2点ほど。
清書ではより戸惑い気味の引き攣った表情に微修正したので、微妙な表情の違いをお楽しみください。

image_2017122718142933a.png

image2_20171227181443992.png

ではでは、次号も引き続きよろしくお願いします。(アンケートでのご支援も、お待ちしております…)


コメント

  1. 隣の学生 | URL | MHoneS0s

    果報は寝て待て。加俸は寝ず待て。縁と浮き世は末を待て。


    スペシャル '18/2月号掲載 『ちんまり経理のヒメ先輩』 読みました。
    1頁目で早々の会社紹介終了に笑わされw

     “ビジネス・メールでたいせつなのは正確さと簡潔さです。まず結論を書くべきなのです。”
     (佐々木常夫 『部下を定時に帰す仕事術』 WAVE出版)

    その通り。仕事のeメール作法としては間違いではない、というかむしろ好ましいと思います。
    しかしビデオには時間という尺があり。冒頭の展開に次いで何をどんな順番で見せるのか? どの情報を出すのか出さないのか? といった編集テクニックの話になるかと思いきや、全然マッタクそんなことはなく。
    しかも結局はワイプ扱いかよ! というw (p84)

    映像に限らず歌でもマンガでも何でもそうだと個人的に思っていますが、何の要素を如何に見せるか(または、見せないか)という取捨選択が大事ではなかろうかと。
    かつ、それら並行する線を作中どのタイミングで交差させているのか。させようとしたのか。それは元来の意図なのか。偶発か。
    その読み解きも含めて観ると、面白さも一入です。

    おっと。つい語りモードに入ってしまいました。ざっくばらんに言うなら「面白い」「好ましい」です。(砕けすぎ?)
    DEMOコレ、もとい、でもこれ、小枝子さんがもし存命だったなら、ヒメちゃんの出番はなかったかも。もしくは全く違う展開になってたかも。if。

    どのみち今ある手札で勝負するしかない以上、あれが無いこれが欲しいと嘆いても始まらず。
    勝負とは、その場に立つ遥か以前から動き出しているもの。この両者(リポーター&ディレクター)には再び登場してほしいところです(笑)

    やっぱり推し事、じゃなくてお仕事ヒメちゃん要素がどこかしら含まれる展開のほうが、個人的には好ましいなァと。
    次回も楽しみです。

     ▽

    > しかしローカル局の番組の1コーナーとはいえ、こんな風に編集されてしまったら、ヒメは学校でちょっとした注目の的になりそう…。
    > ページ数の都合でカットしましたが、クラスメイトが騒ぎ立てるシーンも描きたかったところです。


    田中先生がどういう反応をするか、個人的にはそちらも気になります。むしろそちら?w

  2. kera | URL | .2F/.Abg

    隣の学生さん、コメントありがとうございます(^^

    どういう順番でどのシーンやセリフを並べていくか、ここには毎回頭を悩ませますね。たった6ページのマンガではありますが、だからこそコマの取捨選択が重要になりますし。

    母親が生きていたら…というifは面白いですね。社長があの調子なので、結局は娘も引っ張り出されていたかもしれませんが(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)