--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【おしらせ】商業誌掲載について(1月)

2018年02月11日 21:52

1月22日に発売された「まんがタイムスペシャル」3月号に、 『ちんまり経理のヒメ先輩』 の19話めが掲載されています。

1.png

中学に上がってから少し視力が落ちてきたヒメが、高校生の幼馴染がいる家族経営の眼鏡店へメガネを作りにいく話です。
どうぞよろしくお願い致します。

以下、制作裏話など。ご興味のある方はどうぞ…。
実はこの「女の子が初めてのメガネを作りにいく」という話、ウェブや同人誌で描いていた「ぱえりあ」という兄妹マンガの1エピソードとして温めていたネタでした。
ヒメが目が悪いという設定は特に考えていなかったのですが、中学生になって視力が落ちる子ってけっこう多いですし、ここで使っちゃおう、ということで。
メガネ愛用者の方が、人生で初めてメガネをかけた瞬間のあの感動を「こんな感じだったわ~」と思い出してくれたら嬉しいです。
なお、これを機にヒメが完全なメガネっ娘になるわけではありません。作中の台詞にもあるとおり、授業中だけ着用するイメージです。今後も稀にかけているシーンが出てくるとは思います。

今回のひとつの見どころ(?)は、サブキャラとして満を持して投入したJK!(眼鏡屋の娘・瞳)

ヒメ先輩19話

…なんですが…、このにじみ出る昭和テイスト。なんだ「パキョーン」って…。
まぁ、中年のおじさんなりには、精一杯描きました。
あと、サイドテールも描いてみたかったんですよ。でも難しかった…。特に横からのアングルが。どこに結び目があるのかわからなくなります。

次に、ヒメの制服がお下がりという設定について。
もう少し細かくいうと、瞳は中学の間にかなり身長が伸び、途中で制服を作り直しています。で、一年生の頃に着ていた制服一式をヒメに譲った、ということになっています。だから傷みもそれほどではない、と。
二人の身長差を見て違和感を覚えた方は、そのように理解して頂ければと…。

最後に、これは商業誌ならではの裏話なんですが、↑で引用した「パキョーン」のコマ。
ネームの段階では入っていた、「眼鏡屋の娘なのに!」という若林のセリフがカットされまています。
編集者さんいわく、視力そのものは身体的特徴であり、捉えようによっては差別表現になってしまうのと、第三者が身体的特徴を両親の仕事と結びつけてしまうことが表現的に厳しいんだそうです。
「良好」なほうの特徴なので、問題になるとは全く思っていませんでした。同人誌だったら完全にスルーしていましたね…。気を付けないと。

ではでは、次号もどうぞよろしくお願い致します!


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。