FC2ブログ

【商業誌掲載】『ちんまり経理のヒメ先輩』特別編

2019年07月27日 19:09

7月22日に発売された「まんがタイムスペシャル」9月号に、『ちんまり経理のヒメ先輩』特別編が掲載されています。

guest_2.jpg

このたび、完結コミックスの2巻が9月に発売されることになったため、その宣伝を兼ねて、3か月ぶりの復活ゲストです。
1話限りの読切ですが、実質的な最終回のつもりで描かせて頂きましたので、ぜひ読んでもらえればと思います。
(この特別編は2巻に収録されます)

さて、せっかくなので、ここまでの経緯を簡単に。
「あまりよいお報せではないのですが…」
担当さんから連載終了の連絡を受けたのは昨年の暮れ。
人生初の商業コミックスが発売された年は、人生初の打ち切り宣告を受けた年にもなりました。(苦笑)

描きたいエピソードがたくさん残っていても、依頼を受けて描いている立場である以上、仕方の無いこと。
終わることについてはすんなり受け止められましたが…

「2巻が出る可能性はゼロではないです。でも、限りなくゼロに近いと思っていてください」
出版社さんの単行本刊行ペースが落ちていることや、印刷業界での紙不足の噂などから、うすうす予感があったものの、告げられた瞬間はやはりショックでしたね。

ところが、最終回の原稿を送った後も、可能性がゼロになったという連絡は来ないまま。これはひょっとして…?
しかし、最終回掲載号に完結巻の告知は無し。
このパターンで単行本が出たケースは(少なくとも自分の)記憶に無く、やっぱりダメだったかとあきらめはつきましたが、念のため担当さんに問い合わせをしたところ、「すみません、まだ出るとも出ないともお答えできません」との回答。
あれ?まだ可能性は消えてない?むしろちょっと上がってる…?

そしてしばらく経って、2巻発売内定の連絡が。
一度は完全にあきらめていたので、1巻発売の連絡を受けた時と同じか、それ以上に嬉しかったですね…。

ただし最終回掲載から発売まで約5か月開くことと、最終回に単行本の告知が載せられなかったことから、1話だけ復活ゲスト掲載の機会を頂くことになりました。それが今月の特別編です。

前述したように、最終回に告知が無かった完結巻が出るのも、復活ゲストも、かなり異例なケースだと思います。
粘り強く尽力してくださった新旧二人の担当さんには、感謝の気持ちで一杯です。

周知の通り、続刊を刊行するかどうかは、おもに1巻の初動(発売日から数週間の売れ行き)で判断されるようです。
力不足により、『ちんまり経理』の1巻の初動はあまり芳しくなかったようで、それが当初の「ほぼゼロ」宣告に繋がったのだと思いますが、そこから電子版も含めてじわじわ売れ続けたことで、「2巻を出せるライン」に到達したとのことです。

様々なかたちで支援してくださった読者の皆さまには、感謝の言葉しかありません。本当にありがとうございます。

単行本の一連の作業はすでに完了し、昨日校了となりました。あとは9月5日の発売日を待つのみです。
デザイナーさんの手により、とても綺麗な仕上がりになりそうで、自分自身も楽しみにしています。
どうぞよろしくお願い致します。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)